保育士になって子どもと接する仕事にやりがいを感じましょう

保育士になるには保育士資格が必要です

保育士になるには保育士資格が必要です。保育士を育成する専門学校か大学、あるいは短大に行って保育士資格を取得することができます。または、都道府県知事の実施する保育士試験に合格しなければなりません。これで保育士として働く資格が与えられることになります。次に保育士を募集している保育所を調べてみましょう。給与面や通勤のしやすさ、あるいは、勤務時間などをよく考えて自分に合った保育園に応募してみましょう。内定をもらったら、保育士としてがんばるためにいろいろと現場で役立つための勉強をしておきましょう。

子どものことを大切に考えることが保育士の仕事です

保育士の仕事は子供のことを大切に考えて、育てることです。しかし、年齢が若いうちは子育ての経験もありませんので、子供の心理や特性などはよくわかりません。もちろん、わからないことは、職場の先輩保育士に聞くことは大切なことです。しかし、自分でも保育士の専門書や雑誌などで勉強することも大切なことです。園長先生は若いときからそういう努力を重ねてきた方が多く就任していますので、どうやって一人前の保育士になれるのかを聞いてみることも良いでしょう。

保護者の信頼を得られる保育士になりましょう

今の保護者は子供が少ないこともあって少しのことでもクレームをつける傾向があります。しかし、これを逆に捉えると子供に関心を持っていると言っても良いでしょう。ですから、大切な子供がケガをしたときなど、隠そうとしないで、保育園で起きたケガの原因について話すようにします。また、保育園の監督の下にありながらケガをさせてしまい、と謝罪の気持ちを持つことで、保護者も怒りは持たないものです。また、そのようなトラブルは先輩保育士や園長先生などにも報告しておきましょう。

保育士の求人なら神奈川で探す方法がおすすめです。公立や私立の保育園がありますし、企業内保育室の求人も出ています。