単に人材を募集するだけではない!?欲しい人材をより具体的に表現する求人内容

営業にもいろいろな営業がある

中途採用の求人をインターネットで探してると多く見かける職種は営業です。ただ求人内容を見ていると、単純に営業と記載しているものは少なくルート営業であったり、おもてなし営業であったりと、未経験の人にとってはどのような営業なのかわかりづらい用語が記載されています。昔の営業とは個人宅を足を使って一軒一軒を飛び込みで回ったり、同様に企業を回るというのは普通だったのですが、同様の内容だとしても求人票ではその表現が具体的になっています。

営業を具体的に表現する求人

飛び込み営業はアポイントなしで訪問していく営業のスタイルで従来のスタイルの営業です。求人票でよく見る用語のひとつのルート営業とは決まった得意先を回る営業なので、飛び込み営業よりはストレスなく業務ができることが多いです。おもてなし営業とは住宅建築業界では多くみられる表現で、モデルハウスにいらしたお客様に対しておもてなしの心を持って自社で住宅の建築を勧める営業になります。相手の気持ちをくみ取りリードすることが求められる営業です。

より具体的な表現がマッチした人材採用には重要

このように営業という職種ひとつをとっても、その業務内容が様々なのでそれを求人票の段階で具体的に記載して、応募者にわかりやすく説明しているスタイルが多くなっています。これにより応募者も自分がおこないたい営業の取捨選択が容易にできるようになっています。そのように書類選考の前段階から応募自身が自分が希望する営業なのかを理解できることで、企業側も効率的に採用活動をおこなうことができて、また希望する人材を採用しやすい環境を作っています。

プラントの求人は、案件数が豊富な求人サイトを通して効率良く探せる他、待遇面をはじめとした様々な条件の比較も可能です。