急な休みをしっかり対策して、産後の仕事を円滑に!

急な休みに理解を得よう!

産後の仕事復帰は、産前に行っていたものと大きく変わってきます。なかでも避けて通れないのが、子どもの発熱など不測の事態により、仕事を休むことを余儀なくされることです。そこで気をつけたいのが、そういった休みに対し、会社や同僚に最大限に理解を得る努力をするということです。職場復帰の際には、上司や同僚に必ず「子どもの発熱などにより急な休みを取ることがある」ことを、しっかり自分の口から伝えておきましょう。実際に休んだときにはどうしても会社、同僚に迷惑がかかってしまうのですが、事前に皆に自分の口で伝えることで心象がかなり変わるはずです。

急な休みに備え、仕事のフォローの根回しをしよう

さて、実際に休まなければいけない事態が発生した際に、重要なのはその分の仕事をどうするのか、という点です。なにも引き継がずに休み明けにすべて一人で行う、というのは業務に滞りが出ますし、近いうちにまた休みを取る必要が生じれば仕事はいつまでも片付かない可能性すらあります。会社や仕事の種類にはよりますが、急な休みが発生することを前提に、日ごろからフォロー体制の構築を極力することが、子育てをしながら仕事をする際の大事なポイントになります。社風などで難しいこともありますが、そういった体制作りは結果会社の業務を円滑にすることになりますので、できる限り提案していくことが望ましいでしょう。

ひとりで抱えない!家族と地域を利用しよう。

子どもが病気になった、となると簡単に1日で全快することはまずありません。そこで大事なのは自分だけでなく配偶者、両親、そして地域にもサポートを受けながらその事態を乗り切ることです。たとえば3日休まなければいけないなら、真ん中の日は配偶者に休んでもらい、仕事に顔を出すことができれば、仕事そのものだけでなく一緒に働く人たちとの関係もかなりフォローが可能です。また、家族だけでなく自治体の運営するファミリーサポート制度の利用なども積極的に行うことで体だけでなく心理的な負担もかなり軽減されるはずです。

主婦のパートとは主婦が1日の何時間かスーパーなどで働くことです。おこづかい稼ぎの為に働く方が増えています。