単身赴任にぴったり!マンスリーマンションの基本と利点を知ろう

マンスリーマンションって何?

1ヶ月単位で利用できるのが、マンスリーマンション。従来のアパートやマンションなどは最低でも2年の契約が基本の上、敷金や礼金なども必要となり最初の費用が大きく嵩んでしまうもの。ですが、マンスリーマンションは月単位で借りられる上、敷金礼金なども支払う必要がないんですよ。また、生活に必要な家具や家電の他、現代社会に必要なインターネットインフラまで完備されています。このような特徴から、マンスリーマンションは中長期の出張ビジネスマンや、単身赴任者に適しています。

審査要らずで誰でも入居できます

通常の賃貸物件を借りる際は、審査が存在します。何故なら、法律で入居者の権利が非常に強く守られているため、おかしな人物に借りられてしまわないようオーナーが慎重になっているためです。ですが、マンスリーマンションは最初に一ヶ月分のお金さえ支払えば、審査要らずで誰でも利用できるんですよ。極端な例を挙げると無職の人でも借りることができます。普通のアパートを借りる際に求められる敷金なども発生しませんし、最初からインターネットやガスインフラなども使用可能です。

生活に必要な設備が全て整っています

マンスリーマンション最大の特徴を挙げるとするなら、最初から生活に必要な冷蔵庫や洗濯機、ベッドなどの家具家電が全て揃っていることでしょう。つまり、カバンひとつ持ち込むだけで今まで通りの生活を新天地で送れるわけです。施設によっては洗剤やシャンプーなどの生活用品まで完備されているんですよ。ただし、最初から備え付けられている家具や家電を勝手に弄ることは禁止されているので気を付けましょう。以上の特徴から、マンスリーマンションは単身赴任者にぴったりです。

マンスリーマンションとは1ヶ月単位でマンションを借りることです。長期出張などはホテルより価格が安く、簡易キッチンなども付いているので、快適に暮らせます。